モビット利用のワンポイントアドバイス

モビット利用の手順

 

消費者金融 モビット

 

 

モビットとは、三井住友銀行グループの傘下にある消費者金融のことです。

 

モビットでは、満20歳以上69歳以下安定収入がある人であるならば申し込むことができます。
パートやアルバイト、派遣社員、自営業の人でも大丈夫です。

 

WEB完結申込で申し込むならば、借り入れまでのすべての手続きをWEB上で完結することができます。
このやり方ならば来店不要ですし、電話のやり取りもありません。郵便物が届く心配もないのです。

 

モビットのホームページや、ローン申込機から申し込むなら、名前、生年月日などを入力するだけで融資が可能か、また利用限度額が表示されます。
審査が速く、入力後10秒で簡易審査結果が表示されます。そして本審査にかかる時間は最短30分となっています。
ですから、早ければ申込日に融資を受けることも可能なのです。

 

 

モビットは利便性や、審査のスピードが速いのが特徴です。

 

 

三井住友銀行グループ傘下とは言っても、銀行が運営しているわけではありません。
ですから、総量規制の対象になるため、年収の3分の1以上の金額を借り入れることはできません。

 

 

モビットの審査

モビットは審査が早いことで有名です。
特に急ぎの場合にオススメなのがオンラインですべての手続をするWEB完結申込。
ホームページにアクセスして必要事項を入力すると、まずはわずか十秒で簡易審査が終了し、大まかにいくら程度借りることができるか分かる仕組みになっています。

 

必要な書類を送信して審査が進みますが、この審査にかかる時間も最短で30分と非常に迅速です。
他の業者なら電話確認などでまごつく場合もありますが、モビットならスムーズです。
実際の振り込みキャッシングの入金もスピーディーです。平日の14時50分ころまでに手続きすれば最速3分ほどで入金されます。
銀行振込では銀行の営業時間によってはすぐに融資してもらえませんので、カードを発行して提携ATMを利用したほうが最短でお金を手に入れることができる場合もあるかもしれません。

 

早さの裏には

もちろん他社と同じことをしているのに審査が早いわけではありません。
会社への在籍確認がない代わりに、健康保険証が必要だったり、直近二ヶ月の給料明細を準備しておく必要もあります。
とはいえ、書類さえしっかり準備されていればスピーディーに対応してもらえるというのはありがたいですね。
どうしても今すぐにお金が必要というときには、インターネットで申し込んだ後に電話をこちらからかけるとさらに審査をはやめてもらえることもできるようです。
時と場合によっては,最速で手続きが進むとは限りませんが、審査が迅速なモビットをぜひ利用してみてください。

 

 

モビットの限度額

モビットの限度額は、800万円となっています。
しかし、限度額が800万円だといってもすべての人が上限まで借りられるわけではありません。
利用限度額は、審査によって決定しますし、最初は大体100万円以下に設定される場合が多いです。
そして、総量規制の対象のため年収の3分の1以上は借りることはできません。

 

モビットの限度額を増額するには・・・

モビットを利用されている方の中には限度額を増額させたいと考えている方もいることでしょう。

 

・過去の返済トラブル
毎月の返済に遅れがあったり返済漏れがあると信用がかかわってくるので、増額は難しくなるでしょう。

 

・他社での借り入れ
他社でも借りているともしかしたら、お金に困っている人と見られ、返済能力が疑われるかもしれません。

 

・モビットから継続的な取引が行われている
半年以上は借り入れがあるかどうかも見られます。
一定期間借り入れがあって、きちんと返済している方なら今後も返済してもらえるという信用を得ることができます。

 

・収入
収入が上がった場合も増額させることができるでしょう。モビットでは貸金業法の総量規制の対象となるため、年収の3分の1までしか融資できないことになっているからです。ですから収入が増えれば増額融資が期待できます。

 

 

・ボーナス時
ボーナス額が上がって年収が上がったら、モビットに必要書類を提出することで融資額の増額が可能になるかもしれません。
限度額が低く設定されている方やもう少しお金を借りたいと考えている方はボーナス時に期待です。融資額が増額されても、返済は計画的に行いましょうね。

 

 

限度額の増額の申し込みは時間がかかります!!

 

限度額の増額の申し込みは「即日!」というわけにはいきません。
数日は手続きに時間がかかりますし、返済の遅れや他社からの借り入れが多かったりすると増額できない場合もあるので、急いでいる方には増額の申し込みはお勧めできません。
一時的にお金が必要でしたら、他社から借入する方が早いでしょう。
即日融資できるところや無利息サービスのところもあるので、それらを利用した方が確実に早くお金が借りれるかもしれません。